iPhoneの高速充電のやり方

iPhoneを使っていると、やはり気になるのが充電。



iPhoneでYouTubeなどの動画を見たりしていると、あっという間になくなってしまいます。もちろん充電器を持っていればそんな不安はないのですが、急に電話がかかってきたりすると電池残量が気になります。

最近のiPhone6プラスになると、かなりの時間充電が持つようになっています。


ですが、その分ネットサーフィンもついつい快適になってしまい気がつくと「電池残量は残り20%以下です」なんてことを経験するユーザーも多いと思います。

最先端のOKWaveを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

そんな時に試してもらいたいのが「機内モード」。
iPhoneの「設定」から「機内モード」を選択して充電を行うと、通常の充電よりも短い時間で充電が可能です。
急いで充電をしたい時には重宝するテクニックです。

さらにiPadの充電器を使うことで、よりハイスピードでの充電が可能です。
ちょっとした合間に効率的に充電をするときには、この方法を使うことで短時間で充電が供給できるようになります。

モバイルバッテリーなどがあるともっと安心なのですが、一度iPhoneの電源が落ちてしまうとパスワードの入力が求められたりと面倒ですよね。



そのためにはこまめな充電を心がけることが一番です。


あなたがもし、出先でこんなアクシデントに見舞われたらぜひやってみてください。
このテクニックがあるだけできっとあなたのモバイルライフは、安心なものになりますよ。